噛みタバコ
Google

噛みタバコは直接タバコの葉を含む混合物を噛むことにより風味を楽しむものであり、タバコの楽しみ方としては最も古い方法である。北米大陸のネイティブアメリカンは、ライムの葉とともに用いていたとされている。火気厳禁である場所、たとえば船倉、鉱山、森林などで用いられた。
タバコの葉と石灰などを共に口に含み使用し、唾液は飲み込まず排出する。唾液を飲み込むとニコチン中毒を起こす危険性があり、唾液中のニコチンは水に溶けた状態なので吸収が早く中毒症状も重い。他に、口の粘膜から直接成分を吸収してしまうため、口腔がん及び咽頭がんの大きな原因の一つとして問題視されつつある。西部劇などで見られる痰壷は、これを吐き出すためのものである。
現在ではタバコの葉と石灰の組み合わせのほかにさまざまなハーブなどを組み合わせたものや、子供向けの甘味料と香料を多く含んだグトゥカー、ハーブだけで構成されたパーンと呼ばれる物も存在する。インドや東南アジアなどが主要な産地である。


Yahoo! JAPAN

かつては世界的に噛みタバコの使用は一般的であったが、近年では公共の場でつばを吐くという行為が不衛生・マナーとして好ましくないことで、徐々に紙巻きタバコに需要が変化していった。また、昨今の禁煙の風潮と相まって、需要は減少傾向にある。煙を吸引することによる肺活量の低下がないことから、かつてメジャー・リーグの選手に噛みタバコを愛用する者が多く、試合中グラウンドにヤニを吐く光景がよく見られ、日本のプロ野球においてもアメリカ出身の選手に愛用者が多かった。しかし、前述の理由により、今ではほとんど見られなくなった。
日本国内においては「煙も出ない、人に迷惑をかけることがないタバコ」であると、一時は普及したが、噛みタバコが日本人の舌に合わないせいもあって定着しなかった。現在はガムタイプのファイアーブレイクのみが販売されている。 (ウィキぺディアから参照しています)
電子タバコスーパーシガレットなら誰にも迷惑を掛けずに喫煙ができます♪